仕組預金

金融機関で取り扱われている預金商品。

最近は特にわかりにくいものが増えてまいりました。

そこで、今日は特に預けたのはよいけれど、あとでしっかり理解していなかったためにトラブルになってしまう可能性がある「仕組預金」について説明しましょう。

仕組み預金の中にもいくつか種類がありますが、ここでは「デュアルカレンシー預金」について紹介します。

為替参照型仕組預金(デュアルカレンシー預金)とは、預け入れ時点では円での基準為替レートが決定され、満期時点において、基準為替レートを下回っていた場合には、外貨で償還となり、上回っていた場合は円で償還するというものです。

メリットとしては、為替レートが変動しない限りはかなりの高金利を受取れますが、デメリットとしては、為替リスクを預金者がほぼ負うという形になりますので、元本割れするリスクがあるということです。

ですので、決して確実な投資とはいえないためやや慎重に相場を確認したうえで扱うべき預金商品と言えるでしょう。

HOME > 仕組預金